Archive for 2014年8月28日

通信制高校の就学支援金

公立の通信制高校はどんな状況下でも教育が受けたい気持ちに応えられるような制度です。学費負担も大変小さく、自分の力で続けることが出来るようなものです。しかし公立の通信制高校のカリキュラムでは続ける自信がなかったり、遠すぎてスクーリング参加が難しいといった理由が発生する場合もあるでしょう。そのようなときは就学支援金について話を聞いてみましょう。


<通信制高校でも就学支援金が>

就学支援金は公立の場合は年間で6200円が、私立の通信制高校は年間で11万8800円まで支援されます。
世帯の収入が250万円から300万円に収まるならば、17万8200円の支給額が望めます。時代によって要件も変化しますので、検討するときには新しい情報を得なければなりません。公立のみならず私立でも就学支援金が支給されるのは大変助かります。公立の場合は一定要件を満たせば、無償となりますし、スクーリング参加にかかる交通費も支援される場合があります。入学しようかなと思っている通信制高校から資料をいただくこともできますし、文部科学省のホームページ、もしくは各都道府県の担当部署へ直接尋ねても相談に乗ってくれるでしょう。経済的な理由で諦めなければならないことは今の時代、随分となくなっています。