Archive for 2014年5月30日

スクーリング日数が少ない通信制高校

通信制高校は通学を前提としていません。
しかし面談指導を行う必要性から、必ず行かなければならない「スクーリング」があります。
スクーリングは余程の明確な理由がない限り、原則として出席しなければなりません。
「病気」「提携校への留学」「身体的理由」「仕事」などが主なものですが、このスクーリングが負担となっている生徒がいるのも事実です。


<スクーリング日数が少ない通信制高校の選択>

スクーリングは必ず行わなければならないという決まりがありますが、このようなコミュニケーションが負担で、全日制や定時制の高校を選択しなかったという生徒もいます。
そういう生徒にとっては、スクーリングが心の負担になっている場合もあるのです。
面談指導によって学習の進み具合や相談、進路への不安などを解決することもも多く、出来る限り出席したほうが良いとされていますが、それが心の負担になるのであれば本末転倒となってしまうこともあります。
また働きながら学習している人などは、なかなか休みが取れないなどの問題もあるでしょう。
スクーリングの日数が少ない学校もありますので、そちらの選択をおすすめします。
少ないと言われる日数は、年間20日未満を基準にしています。
年に1回の集中コースといった合宿形式を導入している通信制高校もあります。

通信制高校で卒業単位を集める

通信制高校の卒業に必要な単位は75単位と言われています。
ですから、卒業するにはこの単位を全て取得しなければ卒業することが出来ないんですよ。
どのようにして、その単位を取得するのかと言うと出された課題をこなして提出する必要があります。
もちろん、出席日数も大事ですし行事にも出来るだけ参加しておくのがいいでしょうね。


通信制高校の学費について教えて

通信制高校の学費は、全日制に比べては比較的に安くなっています。
ですから、通いやすいのではないかと思いますが、中には専門的なものを学べるところもありますから、そちらは学費も少々高くついてしまうようですので、気を付けるようにして下さいね。
通常の通信制高校でしたら、制服が無いところが多いですし毎日通学しないので安いですが、専門的なことを学べるところは環境が良いですし教材費も色々あるので高くなってしまうみたい。


友達を作ることは出来ますか?

通信制高校だから友達を作れないんじゃないかって、諦めてしまっている人はいませんか?
他人と関わる機会が少ないというのがデメリットとされているのですが、最近はクラブ活動のある通信制高校もあるから、その部活動に参加してみるのがいいと思いますよ。
チャンスは自分で作っていくものだと思うから、積極的に振る舞ってみては?