通信制高校の授業料と就学支援金

全国の年収910万円以下の家庭で、高校生の就学支援金が給付されることとなりました。通信制高校でもこの学費の援助は受けることができます。ただし、全日制と違い、単位の申込数分が授業料となる通信制高校では、卒業に必要な74単位分、1単位4812円の支援金を年度によって給付されることとなります。


通信制高校の学費計算

通信制高校では、学校の維持費などの諸費用、教科書代と、単位に申し込んだ分が学費となります。ここで気を付けてほしいのは、単位は修得した数ではなく、履修の申し込みを出した数だけ、という部分です。卒業に必要な最低単位数は必修科目、選択科目をあわせて74単位ですが、それ以上の申し込みを行えば、単位を落としてしまっても授業料がかかります。


1単位の値段などは資料に書いてある

通信制高校によって、1単位の値段は違います。私立では6000円程度から10000円などと大きく開きがあるので、自分の通いたいと思う通信制高校の1単位分の値段を調べるといいでしょう。単位の値段から4812円をひいた金額が、負担する金額です。奨学金制度は市区町村や、学校が独自に取り入れるものを利用できることもありますので、希望する生徒は窓口などに必ず相談してみましょう。

Comments are closed.