通信制高校の指導は少人数

通信制高校では少人数での指導が多いと言われています。学習の進み具合や、履修する科目が生徒ごとに変わることなども、少人数や個別指導を行う理由として挙げられています。全日制高校のように決まった時間割を消化していくわけではないので、自分のペースで学習ができると評判がいいそうです。


通信制高校の公立と私立の違い

通信制高校にも、公立高校と私立高校があります。公立の場合は、まだ高校の数が少ないことなどから私立への進学を選ぶ生徒も多いようです。やはり私立の方が学費は高くなりますが、その分だけ、学習施設が整っているなど、メリットも多くあります。中でも選択科目などは私立のほうが豊富にあるようです。生徒同士や先生とのコミュニケーションをはかれるカフェなどを併設するところもあると言われています。


担任の先生を選ぶことができる高校も

担任の先生は学習の進み具合や進学の相談、学校生活の不安なことなどを相談する相手でもあります。全日制高校と比較すると、どうしても生徒同士が同じ空間にいることが少なくなってしまう通信制高校ですが、先生たちは生徒同士のコミュニケーションが取れるよう、また生徒が孤立してしまわないように細心の注意を払っています。中には、自分が話しやすい先生を指定できる制度を取り入れている通信制高校もあるそうです。

Comments are closed.