通信制高校の入学にはどれくらいのお金を準備しておけばいいか

高校を中退してしまったが、就職のためにも高卒の資格をとっておきたい。
そんな人の願いを叶えるためにあるのが通信制高校です。
しかし、ここも通常の学校と同じく入学金や授業料などの学費がかかります。
それがいくらになるのかが不安になってしまい、なかなか申し込みに踏み出せない人もいらっしゃるのではないでしょうか。
では、実際にはどのくらいかかるのでしょう?


通信制高校の学費は公立私立で大きく変わってくる

通常の高校と同じように、通信制高校にも公立や私立といったものがあります。
それによって学費も大きく変わっていて、たとえば公立なら入学金は数百円、私立なら数万円になります。
さらに年間の授業料となると、両者の間には十数万円の差が生まれてきます。
これだけをみるとなんだか公立の方がいいような気がしてきますが、私立の方がレポートをウェブで提出できたり、サポート体制が充実していたりするのでなんともいえません。
自力で勉強が出来るなら公立、誰かと一緒になって高卒の資格をゲットする確率を高めたいというのなら私立にしてみるといいかもしれませんね。


サポート校にかかるお金も考えておく

しかし、通信制高校にかかる費用だけを考えておけばいいというわけでもありません。
場合によっては、サポート校へ入学する必要が出てくるからです。
サポート校はいわゆる塾みたいなもので、通信制高校の勉強についていけなくなったり、挫折しそうになっている生徒を手助けするという役割を担っています。
勉強に遅れが生じてしまっている場合はこちらに入学する必要も出てくるので、その分の資金もまた準備しておかなくてはなりません。
その際にかかるのは大体50~100万円といった大きな額ですので、通信制高校に入れたからといってそれで安心したりせず、これに備えて貯金をしておきましょう。

Comments are closed.