通信制高校と制服

通信制高校では多くの学校が、私服での登校を認めています。ただし、高校生なのだから制服を着たいという生徒も存在します。そこで通信制高校で独自に制服を販売する高校も増えてきているそうです。制服の購入費用は学費と別にかかるものなので、制服の着用や購入は生徒の自由としている高校もあります。


通信制高校の制服もさまざま

通信制高校だけでなく、多くの私立の高校が制服に力を入れているそうです。最近のニュースでは一部の私立通信制高校の渋谷109系ブランドのセシル・マクビーがデザイン、製作を行うなど、ダサい、時代に置いて行かれたもの、というイメージは少なくなってきているそうです。生徒が着用して楽しめる制服を起用するところも増えていると言われています。


私服での通学も許可

通信制高校では私服の通学なども許可しているところが多くあります。風紀を乱す格好でなければ、そこまで厳しく頭髪などに関しても口を出さないとする校風が多いようです。私立の高校にはファッションコースや美容コースなどを設置しているところもあるので、そのようなところでは制服のデザインなどに生徒が参加することもあると言われています。

Comments are closed.