通信制高校とカウンセラー

通信制高校ではカウンセラーなどを常駐させているところもあります。これは心に傷を負った生徒の受け入れなどを積極的に行っている通信制高校に多いようです。またサポート校で、このような生徒のフォロー、バックアップを行うところも少なくありません。


通信制高校だからできる個別指導

通信制高校では少人数制の指導を行う高校が多くあります。全日制高校に通う生徒のほうが圧倒的に生徒数も多いこともあるかと思いますが、単位制を利用する高校が多いため、同じ単位を履修している生徒が学年の壁を越えて同じ教室にいることも珍しくありません。生徒の数が少ないからこそ、生徒一人ずつに先生が目を向けて、学習面のフォローも行うことが可能なのです。


私立は学費が高い?

通信制高校では学費の多くを単位の値段で決めています。1単位の値段が通信制高校でかかる授業料と考えられます。そのため、私立では1単位の値段が大きく違います。それは学校の持つ施設やカウンセラーの常駐など、公立では行うことが難しい教育環境を提供しているからです。また選択科目も多くの種類を準備している高校も少なくありません。

Comments are closed.