通信制高校で行われる体育のスクーリング

通信制高校では、履修の申し込みを行った授業のレポート作成、スクーリングへの出席などを条件に単位の認定を行っているそうです。そのため、スクーリングで学費として納入したお金と別に、参加費などがかかる可能性もあるそうです。


 

通信制高校のスクーリングで校外学習を行う場合

別途の参加費がかかるケースで最も多いのが、校外学習を行うものです。これは学校の遠足や校外学習で体育のスクーリングを消費することから発生しています。通常の体育の授業と違い、運動が苦手という生徒でも、気軽に参加できる企画などを考えている通信制高校も多いようですから、校外学習や体育のスクーリングの内容を聞いてみることと、概算でどのくらいのお金を使うのかなども確かめてみましょう。


自分の好きな校外学習に参加できる

もちろん遠足など、一日を多く使う授業のほうが、認定されるスクーリング日数が多くなります。しかし、参加費などを事前に支払うため、費用面が非常に気になるという場合には、春にもらうシラバスなどでどのようなスクーリングがあるかを確認し、先生と参加費のなるべくかからないものを選ぶなどの工夫も必要です。遠足などの大規模な校外学習でなければ、現地集合、現地解散を行うプランも少なくないそうです。

Comments are closed.