私立の通信制高校の1単位はどのくらい?

通信制高校では設備費用などを統一して生徒から学費の一部として徴収しますが、授業料は単位の値段と履修を申し込んだ単位の数で決まります。卒業に必要なのは必修、選択の2種類の科目を合わせて74単位分です。就学支援金も74単位分が給付されることになっています。


私立の通信制高校の単位は違いが大きい

私立の通信制高校では、1単位の値段を自由に決めることができます。そのため、通信制高校によって費用が大幅に違うと考えられるのです。就学支援金給付制度の対象になっている家庭の場合は、1単位につき4812円の給付を受けることができます。私立通信制高校の一部を見てみると、1単位の値段が5000円程度の学校から、1万円となっているところもあります。私立の場合は値段に大幅な違いがありますから、入学前にしっかり確認しましょう。


履修した数だけかかる学費

単位で考えるときに気を付けたいのが、申し込みを行った数だけ学費がかかるということです。単位は一定のレポート提出、スクーリングへの出席、試験の結果などを総合的に判断して修得できるかどうかが決まります。ここで落としてしまった場合でも、履修の申し込みをしていればお金がかかってしまうということです。つまり卒業に必要なギリギリの単位で申し込んだ場合は落としてしまうと、卒業ができないですが、保険として履修をいれればその分もお金がかかるということになるのです。

Comments are closed.