私立の通信制高校に通うメリット

通信制高校も、全日制高校と同じように公立と私立があります。学費ももちろん違いますが、私立だからこそできるサービスを行っている高校があります。ここで私立の通信制高校の特徴などをご紹介します。


●私立の通信制高校は広域性が多い

私立の通信制高校では、広域性という全国から生徒を受け入れ、スクーリングを行う高校が多くあります。これは学習センターやサポート校などが全国で、通信制高校と提携し教育を行うことが可能だからです。集中スクーリングという形で、自然の多い場所に本校を構え、宿泊施設などを併設している高校では、スクーリングを3泊4日などの宿泊学校として行うこともあります。全国からその高校に通う生徒が集まることから、交流を深めるための自然体験学習などが多いそうです。


●専門学校と提携して資格を取得することも

専門学校をサポート校とし、週に5日通うことで就職などに役立つ資格や専門的な分野の学習を行うことができる高校もあります。この場合は、通信制高校の特徴である自分の時間が充分に取れるというメリットを生かして、空いた時間に専門的な授業などを行うものです。全日制高校のようにしっかりと通うカリキュラムを組んでいるところも少なくありません。

Comments are closed.