スクーリング日数が少ない通信制高校

通信制高校は通学を前提としていません。
しかし面談指導を行う必要性から、必ず行かなければならない「スクーリング」があります。
スクーリングは余程の明確な理由がない限り、原則として出席しなければなりません。
「病気」「提携校への留学」「身体的理由」「仕事」などが主なものですが、このスクーリングが負担となっている生徒がいるのも事実です。


<スクーリング日数が少ない通信制高校の選択>

スクーリングは必ず行わなければならないという決まりがありますが、このようなコミュニケーションが負担で、全日制や定時制の高校を選択しなかったという生徒もいます。
そういう生徒にとっては、スクーリングが心の負担になっている場合もあるのです。
面談指導によって学習の進み具合や相談、進路への不安などを解決することもも多く、出来る限り出席したほうが良いとされていますが、それが心の負担になるのであれば本末転倒となってしまうこともあります。
また働きながら学習している人などは、なかなか休みが取れないなどの問題もあるでしょう。
スクーリングの日数が少ない学校もありますので、そちらの選択をおすすめします。
少ないと言われる日数は、年間20日未満を基準にしています。
年に1回の集中コースといった合宿形式を導入している通信制高校もあります。

Comments are closed.